初心者から経験者まで広くご受講頂けるオンライン校閲講座です!
【11/2・12/7_オンライン開講】新潮社の校閲オンライン講座
新潮社の校閲講座は開講5周年を迎えます
甲谷允人 新潮社校閲部   

実践問題を交え現役の校閲者と学ぶ、
全2回のオンライン校閲講座です。


現役校閲者の講師が、「校閲とは何か、どんな仕事か」をはじめ、日々の現場で直面した注意点や勘所を、エピソードを交えてお話しします。校閲のポイントが詰まった実践問題も体験して頂きます。今期はオンライン開講につき、事前にお配りする問題を開講までに解いて準備して頂き、講義時間内に解答例を説明するという流れで行います。未経験の方を含め校閲者を目指す方から、今一度初心に戻りたい経験者まで、幅広くご受講頂ける校閲講座です。

【日時】
前編11/2(火)、後編12/7(火)(全2回)18:30〜20:00

【本講座はオンラインのみとなります】
※この画面の下部よりダウンロードできる詳細pdfをご利用下さい。
※お申込みの方には10月中旬(予定)で実践問題を郵送致します。オンライン講義当日までに問題を解いてご準備下さい。講義内で解答例と解説を致します。

(1)本講座はインターネットを使用してテレビ電話やセミナーを行うツール「ZOOM」を使用します。ご受講にはカメラとスピーカー、マイクの付属するPC、タブレット、スマートフォンなどが必要です。※いずれの機器もインターネットに接続されている必要があります。
https://zoom.us/ 
円滑なご受講のため、事前に専用ソフトウェアや専用アプリをダウンロードしておくことをお勧めします(スマートフォンでは必須です)。

(2)お申込の方には、事前にメールにて、講義に参加するためのアドレスとパスワードをお送りします。PC からお送りするメールが受信拒否にならないよう設定しておいてください。開始時間になりましたらアクセスしてください。

(3)開講中は、マイクは「ミュート(消音)」にしておいてください。

(4)講座終了後、一定期間の間録画をご覧いただけます。 ご受講できなかった 回 がある方は、どうぞご覧下さい。なお、 録画を ネット上 へ投稿 することは固くお断りします。

【受講料】
税込6,600円(全2回) ※資料代込み

神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。

《主な内容(予定)》
【校閲道に終わりなし】文・甲谷允人(新潮社校閲部)
2019年に「新潮社の校閲実践講座」第1回「文芸を校閲する」の講師を務めました。同年には大学生協と新潮社のコラボ講座やインターンシップで、大学生の皆さんとお話しする機会もありました。その中で感じたのは「世の中には、校閲に興味を持っている方が実は非常に多い」ことです。また日々の仕事から、校閲の仕事には大事な要素、コツがいくつもあることを実感しています。現在は校閲部の進行係として、社内外の様々な校閲者の仕事にも接しています。これから「校閲道」の門を叩く方や、基礎を確認したい校閲者の方、仕事で社内報やパンフレットなどの作成に携わっている方向けに、現場での失敗談や、限られた時間の中で校閲の質を上げる方法などもたくさん交えながらお話ししていきたいと思います。

【講師紹介】
●甲谷 允人:1987年北海道生まれ。東京大学文学部卒業。2011年新潮社入社。新潮社校閲部では『小説新潮』をはじめとする月刊文芸誌に8年以上携わったのち、ノンフィクションチームで単行本、新潮選書、新潮新書、「とんぼの本」などを担当、現在は進行係も担当する。

【講師紹介】
甲谷允人
1987年生まれ。東京大学文学部卒業。2011年新潮社入社。新潮社校閲部では月刊文芸誌『新潮』『小説新潮』に8年以上携わる。現在はノンフィクションチームで書籍を担当する。
期間2021/11/02(火)〜2021/12/07(火)
曜日・時間火曜 18:30〜20:00
回数2回
会場オンライン
残席状況
途中受講
持ち物各自、鉛筆、消しゴム、赤ペンをご用意下さい。
備考
その他資料 2021年10月期_新潮社の校閲オンライン講座.pdf     
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2021/11/02(火) 18:30〜20:00
2021/12/07(火) 18:30〜20:00
料金区分受講料
一般 6,600円