女帝の時代−卑弥呼vs.神功皇后、推古天皇vs.皇極天皇、光明子vs.称徳天皇−

関 裕二 歴史作家   



 3世紀の卑弥呼から8世紀の称徳天皇に至るまで、古代の節目節目に、女帝(女王)が現れた。女帝は、歴史の転換期に求められ、新たな潮流を生み出していったのだ。中国では則天武后の例があるが、女帝そのものが珍しかった。なぜ日本では、これほど多くの女帝が生み出され、活躍できたのか。その不思議を解明する。(講師記)

【各回の内容】(予定)
第1回 卑弥呼と神功皇后の激突とヤマト建国
ヤマト建国のきっかけを作ったのは、女王だった。邪馬台国とヤマト、二人の女王対決。

第2回 推古天皇と皇極天皇を解き明かすための物部氏
中央集権国家造りに邁進した蘇我氏は、物部氏と手を組むために、物部系の女王を擁立した?

第3回 光明子と称徳天皇
一党独裁を企てる藤原氏に、王家と女性が立ちはだかった。スキャンダラスな女性たちの正体。


【日時】
2021年10/9(土)、11/13(土)、12/11(土)
       10:30〜12:00
 全3 回
             (教室開場は30 分前です)

【受講料】9,900円(税込3,300 円×3 回)
  ※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
【教室】神楽坂教室

【講師紹介】
関裕二
1959(昭和34)年、千葉県柏市生ま れ。歴史作家。仏教美術に魅せられ奈 良に通いつめ、独学で日本古代史を 研究。
『藤原氏の正体』『蘇我氏の正 体』『物部氏の正体』『古代史50の秘 密』『古代史の正体−縄文から平安まで−』など著書多数。
期間2021/10/09(土)〜2021/12/11(土)
曜日・時間10:30〜12:00
回数3回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2021/11/13(土) 10:30〜12:00
2021/12/11(土) 10:30〜12:00
料金区分受講料
全回一括 6,600円