素晴らしき中央線文化! 好天祈願!
【オカタケ散歩/新潮文庫を歩く】『高円寺純情商店街』周辺を行く!
9月11日(土)
岡崎武志 書評家/古本ライター   

オカタケ師匠お得意の中央線文化! 雷鳴、大雪、豪雨よ来るなかれ!


ひさびさに、オカタケ散歩が都心(でもないか)にかえってきました!
相変わらず、半ば行き当たりばったりですが、まず、杉並区大宮の「郷土博物館」で、中央線文士の展示などを見て、水道道路を歩いて妙法寺へ。
ここに『恍惚の人』でおなじみ、有吉佐和子の文学碑があります。
落語「堀の内」の舞台でもありますね。
若き日の吉田拓郎が住んでいたのも、この周辺。
その後、新高円寺からルック商店街を北上。
途中、小林秀雄・中原中也・長谷川泰子の愛憎劇の現場を確認し、忌野清志郎や大槻ケンヂが愛した名物喫茶「七つ森」を経由し、高円寺駅から「純情商店街」へ。
もし西部古書会館で即売会があれば、当然ながら寄りましょう。
このところ天候に恵まれないので、みなさん、晴天祈願をお願いします。

【集合】9月11日(土)14:00 京王井の頭線「永福町」駅改札前
【受講料】3,300円(税込)
 ※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
 ※往復交通費や、記念館入館料などは別途各自でご負担ください。

【注意事項】
◆必須ではありませんが、なるべく、ねじめ正一『高円寺純情商店街』(新潮文庫)をお読みのうえ、ご参加ください。
◆よほどの豪雨荒天でないかぎり、決行します。
◆当日のみ緊急連絡先:090-3694-8840

【講師紹介】
岡崎武志
書評家/古本ライター 1957年、大阪府枚方市生まれ。立命館大学文学部日本文学科卒業。高校の国語講師や雑誌編集者を経て書評家に。
著書は膨大。最近の著書に『これからはソファーに寝ころんで』(春陽堂書店)、『上京する文學』 (ちくま文庫)、『明日咲く言葉の種をまこう』(春陽堂書店)などがある。<br>
期間2021/09/11(土)
曜日・時間指定 14:00〜17:00
回数1回
会場野外
残席状況
途中受講不可
持ち物
備考◆よほどの豪雨荒天でないかぎり、決行します。 ◆【当日のみ緊急連絡先】090-3694-8840
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2021/09/11(土) 14:00〜17:00
料金区分受講料
受講料 3,300円