【7月期】ゼロから目指す作家デビュー 小説基礎講座 第二期

江木裕計 編集者   



小説を書いてみたい。そして新人賞を獲ってデビューしたい。そんな希望に満ちたあなたのために、まったくのゼロからスタートする講座です。文芸界の最新情報から始まって、文章表現、タイトルの付け方、キャラクターの造形など、小説を構成する要素をひとつずつ吟味しながら、作家デビューに必要な「傾向と対策」を懇切丁寧に伝授。各種新人賞への道筋も指南します。
第一期は基礎の基礎を押さえる「小説はじめの一歩」編でしたが、第二期はもう少し先に進んで、具体的に「小説を面白くするツボ」を解説する「基礎テクニック編」とします。


【各回予定】
第1回 会話編
第2回 人物造形編
第3回 文章構成編

【作品の提出について】
○提出課題:400字×5枚以内の掌編創作(予定)
○提出された作品はコピーして全員に配布します。どうぞご承知おき下さい。
○初回(7/26)、第2回(8/23)は講話のみです。
○第2回(8/23)に課題を提出して下さい。書式や枚数は別途お知らせします。
 遅れて提出される場合は、8/30(月)必着にて郵送して下さい。送り先は以下の通りです。
   〒162-8711
    東京都新宿区矢来町71
    新潮社図書編集室
     新潮講座「小説基礎講座」係
            ※メールでの提出は受け付けません。
 〆切りを過ぎると講評ができないことがあります。
○第3回(9/27)では、提出された作品の講評を行います。

【日時】 2021年 7/26(月)、8/23(月)、9/27(月) 19:00〜20:30  
全3回
 (教室開場は30分前です)
  

【受講料】 9,900円(税込3,300円×3回)
※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
【教材費】 660円(税込)

【教室】神楽坂教室

【講師紹介】
江木裕計
1960年生まれ。同志社大学文学部卒。1983年新潮社入社。月刊「新潮45+」、週刊新潮を経て「小説新潮」へ。以来文芸畑を歩み、「小説新潮」編集長、新潮文庫編集部部長、出版部長を歴任。
黒岩重吾、宮部みゆき、重松清、宮城谷昌光、逢坂剛などエンターテインメント系作家を多数担当する。
期間2021/07/26(月)〜2021/09/27(月)
曜日・時間
回数3回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2021/07/26(月) 19:00〜20:30
2021/08/23(月) 19:00〜20:30
2021/09/27(月) 19:00〜20:30
料金区分受講料
一般 10,560円