《新潮講座スペシャル》
昆虫食ビジネスを官民で!
昆虫食入門・ムシの日(6月4日)篇 
内山昭一 昆虫料理研究家 NPO法人昆虫食普及ネットワーク理事長   



農林水産省は昨年10月に産学官連携による「フードテック官民協議会」を立ち上げました。そのなかの作業部会の一つとして「昆虫ビジネスワーキングチーム」が結成されたのです。これは国が昆虫を食品として認めた画期的なと出来事といえるでしょう。
年頭に講師は今年を「昆虫食日常化元年」と位置づけ、普及活動に努めてきました。これまで昆虫は普通スーパーやコンビニで見かけることはなく、ネットなどで購入できるにしても非常に高価な印象でした。昨年の「官民協議会」結成をきっかけにして、昆虫食の食品としての基準作りや市場の拡大が進むことになります。それによって市場に出回ることで購入しやすい価格になることが期待されました。
「昆虫食日常化元年」が半年を経過する時機の今回の講座では、「官民協議会」結成でどの程度の成果が得られたかを概観し、今後のさらなる「日常化」に何が必要かを、みなさんとともに考えてみたいと思っています。昆虫の試食もご用意いたします。

【日時】
2021年 6月4日(金) 18:30〜20:00 全一回

【受講料】
3,300円(税込)

  神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は上記の受講料が5%割引になります。

【講師紹介】
内山昭一
1950年長野市生れ。1998年の「世界の食用昆虫展」(多摩動物公園)を機に友人たちと昆虫料理研究会を立ち上げ、食材としての昆虫を研究。著書に『新装版 楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、
『特選 昆虫料理50』(共著、山と溪谷社)、『昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、『食べられる虫ハンドブック』(監修、自由国民社)、『昆虫は美味い!』(新潮新書)等がある。
期間2021/06/04(金)
曜日・時間第1金曜日 18:30〜20:00
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考講座の内容(予定。変更になる場合があります) ・続々登場するスタートアップ企業の紹介 ・「昆虫ビジネスワーキングチーム」について ・昆虫食日常化の成果と課題 ・試食                etc.
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております