「鉄道150年」プレビューガイダンス
大きな節目に向けて鉄道趣味をどう嵩めるか
今尾恵介  田中比呂之    



来年(2022年/令和4年)、日本の鉄道は「開業150年」を迎えます。開業50年(大正11年)、開業100年(昭和47年)には、それぞれ、盛大な式典や記念行事が行われました。組織は違えど、どちらも国の鉄道でした。その後、国鉄は民間会社に分割され、来年「150年」を迎えることになりました。この大きな節目に鉄道趣味者の私たちが盛り上がって楽しめる企画を、ゲスト講師の今尾恵介さん、受講者の皆さんと一緒に、考える講座にしたいと思います。私の考えている企画も披露させていただきます。(鉄道編集者・田中比呂之)

【日時】
2021年 6月25日(金) 19:00〜20:40 全一回


【講師】
今尾恵介(ゲスト/地図研究家)、 田中比呂之(鉄道編集者)

【受講料】
3,300円(税込)

  神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は上記の受講料が5%割引になります。

【講師紹介】
今尾恵介
地図研究家。1959年、横浜市生まれ。出版社勤務を経て、1991年、フリーに。子供の頃から地形図や時刻表に親しむ。現在は、地図、地形、地名、時刻表、鉄道関連の記事・単行本を精力的に執筆。
著書『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み』(白水社)、『地図で解明! 東京の鉄道発達史』(JTBパブリッシング)、『消えた駅名』(講談社+α文庫)、『地名崩壊』(角川新書)等。「日本鉄道旅行地図帳」シリーズ監修者。
田中比呂之
1957年生まれ。神奈川県出身。新潮社在職中は、月刊誌、スポーツ年鑑、営業、出版部で、編集・営業を担当。鉄道趣味が高じて、2008年、「日本鉄道旅行地図帳」シリーズを企画編集。
その後も、自称「鉄道編集者」として、鉄道企画ものを刊行。2017年、新潮社を定年退職。現在は、新潮講座の企画など、鉄道趣味を中心とした生活を送っている。
期間2021/06/25(金)
曜日・時間2021年6月25日(金)19:00〜20:40
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております