【全回】東京スリバチ地形散歩 シーズン26

皆川典久 東京スリバチ学会会長   

 東京山の手は坂の多いことで知られていますが、渋谷・四谷・市谷・谷中など、「谷」のつく地名も多く、「谷」は東京を知るキーワードのひとつです。谷はスリバチ状のものが多く、台地と谷が織りなす複雑な地形が、東京のまちに立体的な魅力と文化的な奥行を与えているとも言えます。
 本講座は起伏豊かな地形に着目し、江戸・東京の魅力を再発見することで、これまでとは違ったまち歩きの楽しみ方を模索する講座です。受講を通じ、各自が自分なりのまち歩きの楽しみ方を見つけていただければと思います。(講師・記)


【日時】
2021年 4/17(土)、5/15(土)、6/19(土) 13:30(出発)〜16:00 全3回
(受付開始は出発の30 分前です)
※すべて野外講座です。各回の行き先と集合場所は下記をご覧下さい。

【受講料】
一括申込の方 受講料8,250円(税込2,750円×3回)
       教材費2,640円(税込880円×3回)※イヤホンレンタル料/傷害保険料

個別申込の方 受講料2,970円/回(税込)
       教材費880円(税込)

        ※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
        ※一回毎の個別申込をご希望の方は、検索窓から検索するか、左の講座ジャンルからお進み下さい。


【各回の行き先と集合場所】 
4月17日(土)志村三泉
春爛漫のスリバチ講座は「志村三泉」と呼ばれるパワースポット(湧水)をめぐります。志村坂上駅をスタートに、中山道の旧道が残っている清水坂を下り、まずは薬師の泉へ。そして見事なスリバチ地形が見られる小豆沢公園へ。昨年、スリバチを眺められる空中歩廊が整備されました。後半は見次池の湧水スポットを確認し、出井川の源流だった出井の泉を目指します。凸凹地形と湧水スポットで新型コロナに負けない元気と運気をもらい、本蓮沼駅で解散の予定。2020年末に刊行された『東京スリバチの達人 分水嶺東京北部編』(昭文社)で予習をすると更に楽しめますよ。
集合:都営三田線 志村坂上駅 西高島平寄改札前(改札は2か所あります)

5月15日(土)南千住・北千住
凸凹地形は少なめですが、江戸四宿として賑わった千住宿をじっくりと歩いて楽しみます。まずは小塚原刑場跡へ。延命寺・回向院できちんとお参りを済ませましょう。その後、上野戦争の弾痕が残る黒門の保存された円通寺を見学、日光街道を北上し、素戔雄神社、熊野神社に立ち寄り、隅田川に架かる美しいアーチ橋・千住大橋を渡り、北千住へ。後半は日光街道沿いの町なみを楽しみながら、10世紀創建の千住神社でお参りします。千住宿に残る歴史的建造物や、路地、そして低地に張り巡らされた水路跡などをブラブラと歩き、北千住駅で解散の予定です。
JR常磐線 南千住駅改札前(改札は1か所です)

6月19日(土)沼袋・葛ケ谷
太田道灌と豊島氏の戦い、江古田・沼袋合戦の地を地形目線で歩いてみましょう。戦で勝利をおさめるための戦略・戦術とは? 妙正寺川がつくった凸凹地形を歩きながら妄想しましょう。途中で歴史民俗資料館(無料)にも立ち寄り、中野の歴史を学びます。後半は見どころ満載の哲学堂公園や巨大な湧水池の上につくられた妙正寺公園などを見学し、葛ケ谷と呼ばれた窪地を横断し豊島区の椎名町へ。トキワ荘跡や豊島区立トキワ荘マンガミュージアム(無料)にも立ち寄り、清戸道沿いに続くローカルな町なみを楽しみながら、ゴールは西武池袋線東長崎駅を予定しています。
集合:西武新宿線 沼袋駅 北口改札前(改札は2か所あります)

[欠席など当日連絡先]080-1272-4079(当日のみ)

・野外講座は現地集合、現地解散です。
・13:30「出発」です。資料とイヤホンをお渡ししますので出発の5分前までにお集まり下さい。
・現地までの交通費は自己負担でお願いいたします。
・歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。
・荒天などで中止の場合は、前日の日中にホームページに掲載するとともに、電話、メール等でご連絡いたします。
☆日程が変更される場合がございます。ご了承下さい。
☆講師の病気、受講者の人数が一定数に達しないなど、諸条件によって中止になる場合があります。
☆個人情報は、受講連絡、講座企画の資料、弊社からの各種ご案内にのみ使わせていただきます。
☆お支払いいただいた受講料は、欠席の場合でも原則としてお返しいたしません。

期間2021/04/17(土)〜2021/06/19(土)
曜日・時間土曜 13:30〜16:00
回数
会場野外
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております