【オカタケ散歩/新潮文庫を歩く】
吉行淳之介『原色の街』と、路地裏散歩「ぬけられます」【3月】

岡崎武志 書評家/古本ライター   

季節ごとに1回、オカタケ師匠と歩く、おなじみロングラン文学散歩です。

空襲で両親を失った女学校出の娼婦あけみがたどり着いた『原色の街』、向島の赤線「鳩の街」。 その面影を訪ねて歩く、究極の昭和レトロ散歩です。 「向島百花園」から、「ぬけられます」でおなじみ「玉ノ井カフェ」で古本をチェック、時間次第では、「東武(鉄道)博物館」を見学するかもしれません。 相変わらず、半ばゆきあたりばったりですが、オカタケ師匠とともに、春の半日を下町の風に吹かれながら、のんびり歩いてみませんか

【集合】2021年3月13日(土)14:00 東武スカイツリーライン「曳舟」駅改札前
(17時頃、東向島周辺で解散予定)
【受講料】3,300円(税込)
※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
※往復交通費や、記念館入館料などは別途各自でご負担ください。

【注意事項】
◆必須ではありませんが、なるべく、吉行淳之介『原色の街』(新潮文庫)をお読みのうえ、ご参加ください。
◆よほどの豪雨荒天でないかぎり、決行します。
◆当日のみ緊急連絡先:090-3694-8840(森重)

【講師紹介】
岡崎武志
書評家/古本ライター 1957年、大阪府枚方市生まれ。立命館大学文学部日本文学科卒業。高校の国語講師や雑誌編集者を経て書評家に。
著書は膨大。最近の著書に『青春18きっぷ古本屋への旅』(共著)、『岡崎武志素描集 風の穏やかな日を選んで種をまく』(ともに盛林堂書房)、『本の虫の虫』(共著、創元社)などがある。
期間2021/03/13(土)
曜日・時間指定 14:00〜17:00
回数1回
会場野外
残席状況
途中受講不可
持ち物
備考◆よほどの豪雨荒天でないかぎり、決行します。 ◆【当日のみ緊急連絡先】090-3694-8840
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2021/03/13(土) 14:00〜17:00
料金区分受講料
受講料 3,300円