12月17日『書きたい人のためのミステリ入門』(新潮新書)刊行!
【1月期】読みたい人、書きたい人のための、ミステリ入門

新井久幸 編集者   



これからミステリを読んでみようと思うものの、何からどう読めばいいか分からない。ミステリを書いて新人賞を目指したいけれど、どんな点に注意すればいいんだろう? そういった、「いまさら聞けないミステリのいろは」を教えます。編集の現場経験から、新人賞投稿者の陥りがちな罠や、作品を「より面白くする」秘訣を語ります。
要望の多かった読書会もプラス。講義+読書会で「ミステリ力」を上げましょう。初回、1月の課題作品は、鮎川哲也「達也が嗤う」(『下り“はつかり”−鮎川哲也短編傑作選〈2〉』〈創元推理文庫〉所収)、2月は北森鴻『狐罠』(徳間文庫)。講師が編集担当した蓮丈那智シリーズにも目を通していただくと、より面白く講義をお聞きいただけます。そして最終回の3月は講師が担当した伊坂幸太郎『重力ピエロ』(新潮文庫)。『ゴールデンスランバー』(新潮文庫)なども含め、作家と編集者の関係などについてもお話します。2回目からの途中受講、最終回のみのご受講も可能です。受講される方は、受講前に読んでおいて下さい。
※なお、お書きになった作品の講評、添削はありません。

【日時】
2021年 1/12(火)、2/2(火)、3/2(火) 13:30〜15:00
全3回
 (教室開場は30分前です)
  ※開講日にご注意ください。

【受講料】 9,900円(税込3,300円×3回)
※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。

【教室】神楽坂教室

【講師紹介】
新井久幸
1969年、東京生まれ、千葉県育ち。京 都大学法学部卒業後、93年に新潮社 に入社。「新潮45」→出版部→「小説新 潮」→出版部と異動。現在は出版部文 芸第二編集部編集長。
ホラーサスペンス大賞、新潮ミステリー大賞など、新人賞の事務局にも長くかかわる。主 な担当作品は『夜のピクニック』(恩 田陸)『重力ピエロ』(伊坂幸太郎)『ボトルネック』(米澤穂信)等。
期間2021/01/12(火)〜2021/03/02(火)
曜日・時間
回数3回
会場その他
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております