【12/19】東京スリバチ地形散歩 シーズン24

皆川典久 東京スリバチ学会会長   

 東京山の手は坂の多いことで知られていますが、渋谷・四谷・市谷・谷中など、「谷」のつく地名も多く、「谷」は東京を知るキーワードのひとつです。谷はスリバチ状のものが多く、台地と谷が織りなす複雑な地形が、東京のまちに立体的な魅力と文化的な奥行を与えているとも言えます。
 本講座は起伏豊かな地形に着目し、江戸・東京の魅力を再発見することで、これまでとは違ったまち歩きの楽しみ方を模索する講座です。受講を通じ、各自が自分なりのまち歩きの楽しみ方を見つけていただければと思います。(講師・記)


【日時】
2020年12/19(土) 13:30(出発)〜16:00 全3回
(受付開始は出発の30 分前です)

【受講料】
受講料2,970円/回(税込)
教材費880円(税込)

        ※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。


【行き先と集合場所】 
12月19日(土)御茶ノ水・柳橋
本郷台地を掘り割った人工の放水路・神田川放水路を眺めてから、地形探索と町なみ探検へ出かけましょう。かつて甲武鉄道(現在の中央線)の終着駅だった万世橋駅の跡地を見学し、神田川を横に見ながら隅田川方面へと歩いてゆきます。太田道灌の創建とも伝わる柳森神社にお参りし、浜町川跡にも立ち寄り、柳橋まで神田川を下りましょう。花街として賑わった往時の柳橋を偲んだら、後半は浅草見附跡、総武線の高架下建築、秋葉原の舟堀跡など、マニアックなまち歩きをご堪能いただきます。本郷台地に戻ったら、湯島聖堂、神田明神などを地形目線で楽しみ、御茶ノ水駅至近にある「お茶ナビゲート」という千代田区の情報発信施設で解散予定です。
 集合: JR中央・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口改札前(改札は2か所あります)


[欠席など当日連絡先]080-1272-4079(当日のみ)

・野外講座は現地集合、現地解散です。
・13:30「出発」です。資料とイヤホンをお渡ししますので出発の5分前までにお集まり下さい。
・現地までの交通費は自己負担でお願いいたします。
・歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。
・荒天などで中止の場合は、前日の日中にホームページに掲載するとともに、電話、メール等でご連絡いたします。
☆日程が変更される場合がございます。ご了承下さい。
☆講師の病気、受講者の人数が一定数に達しないなど、諸条件によって中止になる場合があります。
☆個人情報は、受講連絡、講座企画の資料、弊社からの各種ご案内にのみ使わせていただきます。
☆お支払いいただいた受講料は、欠席の場合でも原則としてお返しいたしません。

期間2020/12/19(土)
曜日・時間土曜 13:30〜16:00
回数
会場野外
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2020/12/19(土) 13:30〜16:00
料金区分受講料
一般 3,850円