【10月期】小説作法XYZ

島田雅彦 作家   

前期に引き続いての開講です。
法政大学での創作講座の内容をまとめたロングセラー『小説作法ABC』(新潮選書)の上級編です。
人はなぜ小説を書くべきなのでしょうか? それは魂の奥底への旅をするためです――。19歳でデビューし、30年以上文学の最先端を開拓し続けてきた芥川賞選考委員が、創作の奥義を伝授します。書く技術を身につけながら、これまでたどり着くことのできなかった真の「自分自身」を見つける方法を共に考えてゆきましょう。


※作品の提出・講評はありません。
※本講座は後日利用を目的として撮影機材が入ります。ただし受講者の顔、音声は使用いたしません。

【日時】2020年10/9(金)、11/13(金)、12/11(金)
     19:00〜20:30
 全3回

【受講料】9,900円(税込 3,300円×3回)

※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります(教材費を除く)。

【講師紹介】
島田雅彦
1961年、東京都生れ。東京外国語大学ロシア語学科卒。在学中の1983年「優しいサヨクのための嬉遊曲」を発表し注目される。1984年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、
1992年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、2008年『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞、2016年『虚人の星』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。2010年より芥川賞選考委員を務める。
期間2020/10/09(金)〜2020/12/11(金)
曜日・時間第2金曜日 19:00〜20:30
回数3回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2020/12/11(金) 19:00〜20:30
料金区分受講料
一括 3,300円