戯曲、書いてみたらいいじゃないか 失敗したっていい! やってみよう! 【前期】

横森文 ライター&脚本家&演出家&役者   



人が読んだり演じたりすることで完成していく戯曲の世界。小説とはまた違い、セリフの掛け合いで魅せていく戯曲には独特の書く面白さや楽しさがあります。本講座では戯曲の楽しさを追求しながら、実際に15分から30分の戯曲を執筆していただこうと思います。まずは難しく考えず、書いてみようじゃありませんか!

【カリキュラム】
・まずは自分の体験や思い出深い出来事を使って書いてみましょう。
・最終的には15分から30分の戯曲作を作っていきます。
・全6回(前期3回、後期3回)の講座です。
【日時】
2020年  7/21(火)、8/18(火)、9/15(火)13:00〜14:30 
前期全3回

【受講料】9,900円(税込3,300円×3回)

【教材費】990円(税込330×3回) 

【会場】新潮講座神楽坂教室(教室開場は30分前です)
※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります(教材費を除く)。

【講師紹介】
横森 文
1965年、東京・渋谷区生まれ。京都精華大学で7年間講師を務める。演劇ユニット・トツゲキ倶楽部を主宰し、全作品の脚本(飛葉喜文名義)と演出を務める。
またテアトル・エコーなど他劇団でも脚本・運出を行ったりもしている。役者としては『UDON』『東京家族』など様々な作品に出演。
期間2020/07/21(火)〜2020/09/15(火)
曜日・時間第3火曜日 13:00〜14:30
回数3回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物執筆用具だけお持ちください。(パソコンがあればパソコンでも構いません)。
備考執筆用具だけお持ちください。(パソコンがあればパソコンでも構いません)。
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております