《新潮講座スペシャル》
原節子 100年の真実
開講日は、原節子の“100回目の誕生日”の2020年(令和2年)6月17日(水)です。
  石井 妙子 ノンフィクション作家   



日本映画史上に燦然と輝く昭和の大女優・原節子[1920年6月17日生まれ〜2015年9月5日歿]。1962(昭和37)年、42歳での映画出演を最に銀幕から消え、以降、2015(平成27)年に亡くなるまでの半世紀以上、完全に沈黙を貫いたため、その生涯は多くの「伝説」に覆われることになりました。なぜ、彼女は映画界から引退したのか。役柄のイメージや俗説とはまったく異なる、真の原節子像とは。
この講座では、『原節子の真実』(新潮ドキュメント賞受賞作)の著者の石井妙子さんが、貴重な画像・映像や資料等を交えながら、「昭和史の謎」とまでいわれた伝説の女優のほんとうの姿を浮き彫りにします。
開講日は、原節子の“100回目の誕生日”の2020年(令和2年)6月17日(水)です。

【日時】
2019年 6月17日(水)
 19:00〜20:30

 全一回 

【受講料】
3,300円(税込)

神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は上記の受講料が5%割引になります

【講師紹介】
石井妙子
1969年、神奈川県生まれ。白百合女子大学卒業、同大学院修士課程修了。2006年、『おそめ』(洋泉社。後に新潮文庫化)が、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補に。
2016年、本格評伝『原節子の真実』(新潮社。後に新潮文庫化)で新潮ドキュメント賞受賞。他に、『満映とわたし』(共著/文藝春秋)、『日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち』(KADOKAWA)等。
期間2020/06/17(水)
曜日・時間6/17(水) 19:00〜20:30
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考【講座の内容】(予定。変更になる場合があります) ・14歳の少女「会田昌江」は、いかにして映画女優となったか ・原節子にとって義兄・熊谷久虎とはどんな人だったか ・「ドイツへの旅」が生んだ伝説 ・「水着拒否」「GHQ慰問への要請拒否」といった“事件”の真相 ・黒澤明、小津安二郎との関係をめぐる虚実 ・原節子がほんとうに好きだった人とは ・銀幕で演じた役柄のイメージや、「伝説」をつくることになった言説 ・伝説の女優をめぐる近年の“新発見”        etc.
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2020/06/17(水) 19:00〜20:30
料金区分受講料
受講料 3,300円