食紀行ライターが教える、ソウル&釜山の魚食文化
似ていて違う、韓国と日本の魚を美味しく学ぶ!
村上真一 実業之日本社 ブルーガイド編集部 編集長   



旅行書の編集長で食紀行ライターの講師が、ソウルと釜山の二大水産市場を徹底的に歩いて感じた、韓国の魚食事情をお教えいたします。旅先で役立つ、美味しい魚料理を味わえる秘策や、現地で使える穴場情報も。魚食文化を知ることで、韓国料理をいただく際の味がいっそう深まるはずです。

【主な内容】※変更となる場合もあります
●「韓国の築地市場」卸売市場のソウル・ノリャンジン水産市場
・エビは、タコはどう言うのか?お店に体当たりして学んだ韓国語魚名講座
・違う?同じ?日本と韓国のブランド魚とローカル魚事情
・材料はお店と商談して買う、韓国の市場食堂で食べる
・カンジャンケジャンの不思議と謎
●「水産テーマパーク」小売市場の釜山・チャガルチ市場
・市場まわりの露店は、元気なアジェンマの声が飛び交う場外市場
・地魚たくさんの朝ごはんこそ、釜山のおさかなを知るチャンス
・海鮮王国釜山、街中もシーフードショップがいっぱい
・夜の市場の屋台で謎の魚介・コムチャンオにチャレンジ

【日時】
 2020年2月20日(木曜日)
 15:30〜17:00 全1回
【受講料】3,300円(税込)
【持ち物】筆記用具(赤・黒のボールペン) ※メモ書きができる資料を用意します。 ※韓国、ソウル、釜山のガイドブックを持参いただけると、地理関係の理解が深まります。

【会場】新潮講座神楽坂教室(教室開場は30分前です)
※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります(教材費を除く)。

【講師紹介】
村上真一
実業之日本社で旅行書「ブルーガイド」の編集ひとすじ、日本各地の様々な街を歩いては、その魅力を発掘して発信している。
累計240万部の人気地図ガイド雑誌「おさんぽマップ」をはじめ、歴史や地理の雑学読み物、食関連の書籍の編集にも携わる。
期間2020/02/20(木)
曜日・時間第2木曜日 15:30〜17:00
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講不可
持ち物
備考
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2020/02/20(木) 15:30〜17:00
料金区分受講料
一括 3,300円