《新潮講座スペシャル》
虫おせちでお正月を祝おう!──昆虫食入門・新春篇

内山昭一 昆虫料理研究家/NPO法人昆虫食普及ネットワーク理事長   



昆虫は、どんな料理にも変身可能。虫尽くしのおせち料理でお正月を迎えたら、いままでにない新しい人生が始まりそうです。そこで今回は以下のスペシャル昆虫料理を試食していただくことにしました。

「タガメ風味のアリの子きんとん」
「ハチの子のうまき風」
「イナゴの田作り」
「スズメバチのなます」
「カイコのせ 紅白かまぼこ」

(※材料の都合でメニューが変わる場合があります)

さらに本講座では、昆虫食がなぜいま注目されているのか、日本と世界の昆虫食についてお話しし、未来の昆虫食利用はどうあるべきかを、試食をまじえながら、皆さんといっしょに考えてみたいと思っています。


【日時】
2020年 1月17日(金) 19:00〜20:30 全一回

【受講料】
3,300円(税込)

神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員の方は上記の受講料が5%割引になります。

【講師紹介】
内山昭一
1950年、長野市生まれ。1998年の「世界の食用昆虫展」(多摩動物公園)を機に、友人たちとともに昆虫料理研究会を立ち上げて以来、味覚、食感、栄養等、あらゆる角度から食材としての昆虫を研究。
著書に、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(共著、山と渓谷社)、『食べられる虫ハンドブック』(監修、自由国民社)、『昆虫は美味い!』(新潮新書)等がある。
期間2020/01/17(金)
曜日・時間2020/1/17(金) 19:00〜20:30
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考講座の内容(予定) ・虫おせち料理のご紹介 ・日本で捕れる昆虫食材 ・日本と世界の昆虫食 ・FAO報告の衝撃 ・世界で注目される昆虫食
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております