【3/17の1回受講(税込3,300円)も若干名受付中】現在の内容は今期が最後です。
【3/17の1回受講受付中】新潮社の校閲実践講座
現役の出版校閲者と学ぶ、ジャンル別・実技中心の講座です。
    

【3月17日(火)の1回受講(税込3,300円)も若干名受付中です】
このページの一番下、緑色の「申込み確認画面へ」を押してそのまま手続きをお進め下さい。お申込内容のご確認で「受講回数2回/受講料(税込)3,300円」と詳細が表示されます。

現役の出版校閲者と学ぶ、
ジャンル別・実技中心の講座です。

「新潮社の校閲講座」がジャンル別・実技中心の実践講座に発展/リニューアルします。毎回実技を通して、現役校閲者のテクニックや、ジャンル別に配慮するポイントを学びます。実務に役立つ実践的な内容中心ですが、一般の方もご受講頂けます。校閲という仕事を体験し、言葉や本に対する新たな知見が得られる講座です。なお、現在の内容は今期が最後となります。次回からは新しい内容となります。この機会に奮ってご参加下さい。

【日時】
2019年 2020年1月21日(火)※終了
2月18日(火)※終了
3月17日(火)
18:30〜20:00
【会場】新潮社別館4階ホール(住所:東京都新宿区矢来町71 / 東京メトロ 東西線 神楽坂駅 2 番出口 徒歩1 分※このページ下部に地図のpdfがあります。ぜひご利用下さい。)

【受講料】
3,300円(税込 3,300円×1回分)

神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。

《主な内容(予定)》
【各回の内容(予定)】※毎回資料を配布します。
第1回 講師:甲谷 允人「文芸書、小説を校閲する――著者への配慮と表現の尊重」
第2回 講師:日埜 英気「ノンフィクションを校閲する――的確な言葉と事実確認」
第3回 講師:日野 玄太「コミック、ムック、装幀を校閲する――ビジュアル物の注意点」

講師:甲谷 允人、日埜 英気、日野 玄太(新潮社校閲部)

【講師紹介】
●甲谷 允人(こうや まさと):1987年生まれ。東京大学文学部卒業。2011年新潮社入社。新潮社校閲部では月刊文芸誌『新潮』『小説新潮』に8年以上携わる。現在はノンフィクションチームで書籍を担当する。
●日埜 英気(ひの えいき):1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2004年新潮社入社。校閲部に配属されて以来、『新潮』『週刊新潮』などの校閲を担当。現在はノンフィクションや文芸の単行本を主に校閲している。
●日野 玄太(ひの げんた):1982年生まれ。東京大学文学部卒業。2006年新潮社入社。校閲部では『週刊新潮』を担当後、ノンフィクション系の書籍やコミックエッセイ、『とんぼの本』、新潮ムックなど多岐にわたる出版物に携わる。現在、進行係も担当する。


【講師紹介】
甲谷允人
1987年生まれ。東京大学文学部卒業。2011年新潮社入社。新潮社校閲部では月刊文芸誌『新潮』『小説新潮』に8年以上携わる。現在はノンフィクションチームで書籍を担当する。
日野玄太
1982年生まれ。東京大学文学部卒業。2006年新潮社入社。校閲部では『週刊新潮』を担当後ノンフィクション系書籍やコミックエッセイ、『とんぼの本』、新潮ムック等多岐にわたる出版物に携わる。現在進行係も担当。
日埜英気
1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2004年新潮社入社。校閲部に配属されて以来、『新潮』『週刊新潮』などの校閲を担当。現在はノンフィクションや文芸の単行本を主に校閲している。
期間2020/01/21(火)〜2020/03/17(火)
曜日・時間火曜 18:30〜20:00
回数3回
会場新潮社別館4Fホール
残席状況
途中受講
持ち物各自赤ペン、鉛筆、消しゴムをご用意下さい。
備考
その他資料 2020年1月期_新潮社の校閲実践講座.pdf   新潮社別館地図.pdf  
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2020/01/21(火) 18:30〜20:00 「文芸書、小説を校閲する――著者への配慮と表現の尊重」 
2020/02/18(火) 18:30〜20:00 「ノンフィクションを校閲する――的確な言葉と事実確認」
2020/03/17(火) 18:30〜20:00 「コミック、ムック、装幀を校閲する――ビジュアル物の注意点」
料金区分受講料
一般 9,900円