【神楽坂ブック倶楽部presents】
作家生活30周年記念 北村薫の《好きなもの》

北村薫 作家  柳家喬太郎 落語家



《本の達人》北村薫は、落語や短歌を愛でるひと、でもあります。大好きな喬太郎さんをゲストにお招きし、「綿医者」を口演して頂きます。
高座の後は、お二人のトーク。縦横無尽に落語や小説、短歌や川柳の魅力を語り合います。チケットには新潮文庫新刊の『北村薫のうた合わせ百人一首』付き。文庫本は会場にてお手渡し、記念愛蔵本『本と幸せ』も販売、北村さんのサイン会も開催します。

【日時】
2019年10/6(日)
  12:30〜14:30 全1 回
   (教室開場は30 分前です)

【受講料】3,960円(税込、文庫本付き)
      ※神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
【教室】神楽坂教室

【講師紹介】
北村薫
1949年埼玉県生まれ。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、1989年『空飛ぶ馬』でデビュー。小説に『夜の蝉』(日本推理作家協会賞)『スキップ』『ターン』『リセット』
『鷺と雪』(直木三十五賞受賞) など。『北村薫の創作表現講義』(新潮選書)、『自分だけの一冊 北村薫のアンソロジー教室』(新潮新書)など創作や編集についての著書もある。落語への造詣も深い。
柳家喬太郎
1963年東京都生まれ。大学卒業後、書店勤務を経て1989年10月柳家さん喬に入門、2000年3月真打に昇進する。芸術選奨文部科学大臣賞新人賞など受賞多数。古典落語以外にも、「諜報員メアリー」
「ハンバーグができるまで」といった新作落語や、「綿医者」「擬宝珠」など埋もれていた噺の発掘を手がけ、近年では舞台「たいこどんどん」や映画「スプリング、ハズ、カム」に主演。多方面で充実した活躍を続ける。
期間2019/10/06(日)
曜日・時間12:30〜14:30
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況満席
途中受講不可
持ち物
備考
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております