天皇と三大豪族 −物部・蘇我・藤原−葛藤と悲劇

関 裕二 歴史作家   



台風接近により、10/12(土)の本講座は延期とさせていただきます。
 11/23(土)に振り替えて開講いたします。

  ヤマトはいくつもの地域の寄せ集め国家でした。大王(天皇)や豪族のほとんどがよそ者で、みな出身地の利益を代弁する役目を負っていました。地域ごとの主導権争いに大王や豪族たちは翻弄されたり、中央の意向が地方を戸惑わせたりもしました。五世紀後半、権力を持たなかった大王が力をつけはじめ、暗闘は激化しました。
本講座では、天皇家と三大豪族である物部氏、蘇我氏、藤原氏との葛藤と悲劇を焙り出します。

【日時】
2019 年 10/12(土)→11/23(土)、11/9(土)、12/21(土)
       10:30〜12:00 全3 回
       (教室開場は30 分前です)

【受講料】9,900円(税込3,300 円×3 回)
  ※神楽坂BOOK倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。
【教室】神楽坂教室

【講師紹介】
関裕二
1959(昭和34)年、千葉県柏市生ま れ。歴史作家。仏教美術に魅せられ奈 良に通いつめ、独学で日本古代史を 研究。
『藤原氏の正体』『蘇我氏の正 体』『物部氏の正体』『古代史50の秘 密』『古代史の正体−縄文から平安まで−』など著書多数。
期間2019/11/09(土)〜2019/12/21(土)
曜日・時間第2土曜日 10:30〜12:00
回数3回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
本講座の申込受付は終了しております