【全回一括】日本人とは何か 〜和辻哲郎『風土』を読む〜

佐藤 優 作家・元外務省主任分析官   



5月1日から、元号が令和に変わりました。元号によって時代を区分するという独自の歴史意識が日本人にはあります。中華文化圏の影響を強く受けながら、日本は独自の文化を保全しています。この文化は、ミーム(文化の遺伝子)となって、歴史に影響を与えています。この目には見えないが確実に存在する日本人性を和辻哲郎『風土』を読み解くことによって考えていきます。文化論のように見える和辻の思想は、政治的実践と結びつきやすいです。いわゆる日本ファシズムと和辻の思想の共通点についても考察します。
〈講義で使用するテキスト〉和辻哲郎『風土 人間学的考察』(岩波文庫)※各自でご用意ください。

※各講ごとに課題を出します。休憩時間に書き上げ、次講の開始時に提出していただきます。
※講義に持参する必要はありませんが、以下の文献を読んでおくと理解が深まります。
柄谷行人『世界史の構造』岩波現代文庫、2015年
 廣松渉『<近代の超克> 論――昭和思想史への一視角』講談社学術文庫、1989年
 佐藤優『日本国家の神髄――禁書「國體の本義」を読み解く』扶桑社新書、2014年

【日時】
8月31日(土)
10:00-11:30 第1講
13:00-14:30 第2講
15:30-17:00 第3講

9月1日(日)
10:00-11:30 第4講
13:00-14:30 第5講
15:30-17:00 第6講
 ※各講ごとの受講も可能です。各講ごとの申込ページは、講座タイトルまたは講師名で検索してください。

【受講料】
全6講 32,400円(税込)
各講ごと 5940円/回(税込)

【親子チケット】中学生・高校生のお子様と一緒にご受講の場合、以下の料金で承ります(大人1名、お子様1名の場合)。
全6講 38,880円(税込)
各講ごと 7128円/回(税込)

【教室】新潮講座神楽坂教室

【講師紹介】
佐藤優
1960年、東京都生れ。埼玉県立浦和高等学校、同志社大学神学部を卒業。同志社大学大学院神学研究科修了(神学修士)。1985年に外務省入省。
英国の陸軍語学学校でロシア語を学んだ後、モスクワの日本国大使館、東京の外務省国際情報局に勤務。2002年5月に鈴木宗男事件に連座し、東京地検特捜部に逮捕、起訴され、争うも2009年6月に執行猶予付き有罪確定。
期間2019/08/31(土)〜2019/09/01(日)
曜日・時間10:00〜17:00
回数2回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講
持ち物
備考
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2019/08/31(土) 10:00〜17:00
2019/09/01(日) 10:00〜17:00
料金区分受講料
一括 32,400円
親子一括 38,880円