【新潮講座スペシャル】
石井あつこさんと行く「廃道」巡礼バスツアー Route6

石井あつこ 廃道探索家   



【講師から】
 過渡期の道はどこにいった−−。
 馬車が登場して150年、自動車が登場して100年とちょっと。日本の道路は目まぐるしく更新されていった。では、いまの道路になる前は? その前の前は? 地図からは消えてしまった過去の道を、資料と地形図、実踏から紐解いていく。
 今回は群馬県。赤城高原都市という一大観光都市を目指し邁進した時代があった。赤城山をメインにした観光周遊コース、壮大過ぎた夢は破綻し、一翼を担った赤城山鋼索鉄道はたった10年で廃止された。廃線跡を辿り、2018年に有形文化財に登録された赤城山頂駅を見学する。
明治初期、坂東太郎の異名を持つ利根川と壁のように迫る断崖に住民は挑み、新道を開鑿した。ごく短い区間に連続して残る、三つの素掘り隧道を攻略する。(講師記)

【日程】2019年4月21日(日)
      午前8時00分出発
      ※時間厳守でお集まり下さい。欠席など当日連絡先:080-2556-2157(当日のみ)

【旅行代金】12500円(税込)
        ※本講座は一般、KBC会員とも同一料金です。
        ※旅行代金に含まれるもの
         パンフレットに記載されたスケジュールの交通費(バス代・有料道路料金・駐車料)、企画料、受講料、講師料、消費税等諸税。これらの費用は、お客様の都合により一部利用されなくても原則として払い戻しいたしません。なお個人的費用は含みません。

【お申込】お申込は以下の電話番号・メール宛お願いいたします。
      滑ヨ東観光社 電話:03-3576-5131  メール:shin@bus-raku.net

              ※旅行名、お名前とご住所、ご連絡先をお知らせ下さい。
〈企画内容に関するお問い合わせ〉電話:03-3266-5776(代表)/メール:kohza@shinchosha.co.jp
                      株式会社新潮社 図書編集室内 新潮講座事務局


【集合場所】鍛冶橋駐車場(東京駅八重洲南口より徒歩5分)
        ※地図は「その他資料」からダウンロードしていただけます。

【最少催行人数】 19 名

【スケジュール】鍛冶橋駐車場(8:00 発)―赤城山鋼索鉄道(群馬県桐生市)―鳥山新道(群馬県渋川市)―東京駅(18:00 着)
※昼食は赤城山頂駅記念館サントリービア・バーベキューホールで各自で取っていただく予定です(旅行代金には含まれません)。
※当日の天候・交通状況等により行程や滞在時間を変更する場合がございます。ご了承下さい。
※添乗員は同行しません。新潮講座スタッフがお世話いたします。

【各自準備】 〈必須〉登山靴(またはトレッキングシューズ)、軍手
        その他、必要に応じてトレッキングポール、雨具、帽子、飲み物、着替え、健康保険証、常備薬などをご持参下さい。

【講師紹介】
東京都生まれ。新旧の地形図を見比べ、廃道探しをすること10年。NHK(BSプレミアム)「廃道熱中人」や「新日本風土記」、テレビ東京「土曜スペシャル極旅」等、メディアに度々取り上げられるほか、日活「廃道」シリーズ三部作に出演。2014年にはテアトル新宿にて、廃道ドキュメンタリー映画「The eobroaders」の上映も行った。まだ見ぬ過去の道を追い求め、精力的に活動中。

【注意事項】現地は「道」ではなく「廃道」です。荒天の際は主催者判断によりコースの変更または中止とさせていただくことがあります。あらかじめご了承下さい。また装備が十分でなかったり身体的・精神的に参加継続が難しいと思われる方には、ツアー催行中でも待機または離脱をお願いする場合があります。十分に準備してご参加下さい。

期間2019/04/21(日)
曜日・時間指定 08:00〜18:00
回数1回
会場野外
残席状況
途中受講不可
持ち物
備考お申込は(株)関東観光社まで。03-3576-5131 メール:shin@bus-raku.net
その他資料 鍛冶橋駐車場地図.jpg     
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2019/04/21(日) 08:00〜18:00
料金区分受講料
一般 12,500円