人気上昇中! 6/13(木)! 【音楽史ミステリー】ベートーヴェンは捏造された?

かげはら史帆 音楽史ライター   

「運命はこのように扉をたたくのだ」は、ウソだった!? 驚愕の90分!

(↑写真左)「運命はこのように扉をたたく……なんて言った覚え、ないんだがなあ」
(↗写真右)問題の書『ベートーヴェン捏造』(柏書房刊)

話題のノンフィクション『ベートーヴェン捏造〜名プロデューサーは嘘をつく』(柏書房)の著者が、新潮講座に登場します! 
難聴のベートーヴェンが使用していた「会話帳」は、秘書のアントン・シンドラーが捏造していた!? どの部分を、なんのために? 
実際に会話帳の画面を映写しながら、音楽史最大のミステリーを解き明かす、驚愕の90分! 
なお、開講日(6/15)は、シンドラーの誕生日です!

【日時】6月13日(木)シンドラー誕生日(1795年)
    18:30〜20:00 全1回(教室開場は30分前です)
【受講料】3,240円(税込)

【講師紹介】
かげはら史帆
音楽史ライター 1982年東京郊外生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。音楽関連企業に勤めるかたわら、音楽家に関する小説や随筆を手がける。
初単著『ベートーヴェン捏造〜名プロデューサーは嘘をつく』(柏書房)を2018年10月に刊行。ほか、『フェルディナント・リース物語』(春秋社WEBマガジン「はるとあき」)などを連載。
期間2019/06/13(木)
曜日・時間指定 18:30〜20:00
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況満席
途中受講不可
持ち物
備考開講日は、アントン・シンドラーの誕生日です!
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2019/06/13(木) 18:30〜20:00
料金区分受講料
受講料 3,240円