《新潮講座スペシャル》
昆虫の栄養を考える 〜昆虫食入門・晩春篇〜

内山昭一 昆虫料理研究会代表/NPO法人食用昆虫科学研究会理事   

おさらいとしてFAO報告以後の現在の日本と世界における昆虫食の新たな動向についてお話しします。その後今回の講座では昆虫の栄養素についてまとめてみたいと思っています。気温がどんどん上がって虫たちが元気に栄養を貯えて成長する時期です。昆虫はタンパク質を多く含み、そのほかオメガ3脂肪酸など良質な不飽和脂肪酸、ビタミンB群、各種ミネラルもバランスよく含まれているといわれています。試食をまじえながら、みなさんと昆虫の栄養について考えてみたいと思っています。ご期待ください。


【日時】
2019年 5月17日(金)
18:30〜20:00
 全一回

【受講料】
3,240円(税込)

神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は上記の受講料が5%割引になります。 

【講師紹介】
内山昭一
1950年、長野市生れ。1998年の「世界の食用昆虫展」(多摩動物公園)を機に、あらゆる角度から食材としての昆虫を研究。著書に、『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、
『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(共著、山と渓谷社)、『食べられる虫ハンドブック』(監修、自由国民社)等がある。最新刊は、『昆虫は美味い!』(新潮新書)。
期間2019/05/17(金)
曜日・時間2019/05/17(金)18:30〜20:00
回数1回
会場新潮講座神楽坂教室
残席状況
途中受講不可
持ち物
備考【講座の内容(予定)】 世界と日本の昆虫食の新たな動向 昆虫の栄養を考える ・タンパク質の「質」を探る ・脂肪酸のバランスはどうか ・ビタミンB群の内訳について ・どんなミネラルが含まれているか ・ラオスでの昆虫による栄養改善の試みを紹介    etc.
その他資料      
【日時と内容】
日程/時間カリキュラム
2019/05/17(金) 18:30〜20:00 世界と日本の昆虫食の新たな動向/昆虫の栄養を考える/試食 etc.
料金区分受講料
受講料 3,240円
受講料 2人分 6,480円